神さまの言うとおり~marikoの血管奇形物語~

平成30年3月28日より末梢性動静脈血管奇形と4月16日より甲状腺良性腫瘍のため春日井市から長久手の愛知医大病院に通ってます   

第4話 4.16 4.18

第4話 ディスティニー

 

 

4.16

Σ( ̄。 ̄ノ)ノえーうそー6時!?

私は慌てて起きた 何故ならアラームのアプリかけたはずがイヤホンを抜け忘れたためにえらい目に遭い慌てて朝ごはんを食べて病院へ向かった

f:id:mariko2253:20180517113131j:image

なんとかたどり着いて今日のあさぴー はこちらである あさぴー 号って2パターンあるんだね

古いバスだからか音がすごい中病院にたどり着いた

f:id:mariko2253:20180517113407j:image

循環器内科と内分泌の初診の手続きを終えて二階の外来に向かい手続き

そしてさぁ診察だと思いきやすぐさまA先生が降臨した

でもしかし、甲状腺が原因ではないかと、今はこの前検査を市民病院でやっているからすることはないよと言われてすぐに終わった

 

(´・ω・`)・・コードブルーA先生流石だな・・・でもなんであの時から動悸してるんだ?やっぱりI先生が言っていた動静脈のぼたもちが原因か・・・

それを知るのは次週K先生に会ってからになる・・・がとりあえず内分泌の話を

 

郵便局で現金書留のミッションをやっていたらいきなり内分泌から呼び出しがかかり現金書留の領収書は後で貰うことにして診察室に急いで向かった

セブンイレブンの次は郵便局でやってもうた

とりあえずW先生と甲状腺の症状についての話をして採血と検尿と甲状腺エコーのフルコース

その後citrusでうどんが食べたくなったのでヘルシーうどんを食べた

f:id:mariko2253:20180517114534j:image

f:id:mariko2253:20180517114609j:image

(´・ω・`)・・セブンイレブンお弁当あんまりなかったんだよね

あの日はうどんが食べたかったのに、なかったんだよね

さて2時過ぎに内分泌に呼ばれて診察室の前で待っていたら2時半ごろにN先生に呼ばれた

結果はTSHとある値が低いことを言われて甲状腺の腫瘍はゴロゴロあり下垂体に腫瘍はないかMRIを取ることになりそして腫瘍の細胞を取るために18日に耳鼻科へ行くことになった

ところが細胞診の日程が次週にずれることになるとは夢にも思わない

その後は下垂体のMRIを撮って会計払って帰途についた

 

4.18

朝耳鼻科にやってきた(´・ω・`)

今日は大雨だったが耳鼻科の待合室は争奪戦である

診察室に呼ばれたのは1時間半後だった

ファイバースコープで声帯はやられていないことを確認したが声が枯れているのをT先生は不思議に思ってた

実はこの時から風邪が肺炎に変化して入院の時にそれが破裂して大騒動になるのを知る由も無い

細胞診は26日の2時になってしまったが咳が止まらないままMRIの時間までロビーで待っていた

 

(`・ω・´)ほい、時間が来たので画像診断センターに出発

検査着に着替えて特殊なMRIに乗り込み機械の中に入った

血管を写すために特殊なシートと静脈注射で造影剤を注入された

左腕はこの話でのキーワードになっているわけだが今はいつも何故左腕が多いのか不思議に思ってた 

あったかい冷たいの繰り返しで不思議なMRIの撮影は進んでった

この結果は25日に聞くことになるが覚悟はこのころから決めていた

 

無事に撮影は終わり造影剤抜きにセブンイレブンでお弁当を買った

f:id:mariko2253:20180517120747j:image

(`・ω・´)次週痛い細胞診のエコーが待っているがチーズダッカルビなんて滅多に家では食べれないから・・・

ちなみに家では毎日業務スーパーの惣菜しか同じようなものしかこのところ食べてないのでセブンイレブンにこれがあるのが珍しかったんだ

 

(´・ω・`)・・来週覚悟せないといかん、覚悟せないといかんと・・・それは誰も見舞いに来てくれないのを肌で感じ取っていた