神さまの言うとおり~marikoの血管奇形物語~

平成30年3月28日より末梢性動静脈血管奇形と4月16日より甲状腺良性腫瘍のため春日井市から長久手の愛知医大病院に通ってます   

第46話 10.28~11.3 前編

第46話 November dance はじめてのオープンホスピタル 前編

 

10.30 火曜日

 

「おはようケロ!」

気がつくと寝床の隣にチャーリーがいた!

「うそーん!チャーリー!!なんでここへ?

「今日からオープンホスピタルまで僕は君をこっちのみんなとサポートするけろよ!」

寝起きを見られてしまった私はたじろいだ

「君がメルカリ頑張ってるときに住所を特定したから、きたけろ!」

「一応、今日、花井クリニックと保証協会の振込とリハビリとワープ大会だよ」

「君の朝ご飯チェックするけろー!」

朝ご飯から、チャーリーの指導が始まった

「キムチ、君、逆流性食道炎なのにテレビの理由で食わされて最近下の血圧あがってるんじゃないかけろ?ひとすくいじゃなくて一欠片にして、花井先生に相談するケロ!」

「はい…」

「おかずの野菜スープは満点だけど多すぎるけろね!みんな業務スーパーで買ったものばかりスープにぶち込んでるけろ!

後は朝ご飯食べる前に君子蘭に水やりして早く食べるじゃなくてじっくり食べるけろ!

あっつつじゃなくてすこーしさまして、フーフーするけろーでもキムチは血圧や逆流性食道炎にいただけないから写真撮ったケロ!」

「洲崎組から指令飛んだの?」

「そろそろ、問題の朝ご飯をチェックしてほしいとフー子先輩が僕にいって、僕は春日井行くの時間かかるからと断ったけど、日曜に君たちの場所を特定したからなんとかきたけろよ!

ブラザーズフォア聞いてムズムズしてね、ソウルメイトにミステリーパワーけろね!

しかし、逆流性食道炎にキムチはいただけない、花井先生に相談するケロ!なんでもかんでもテレビ見て彼女に人体実験してるけろって噂流れてるケロね!」

「まりこさん、キムチの件花井先生に相談しましょうか!」

「フーくん!」

「お茶はこの前のセリアで買った水筒でイケるケロ!その前にホントにメルカリでみんな手放ししたか見させてほしいけろ!」

チャーリーに宝箱の写真も撮られてしまった

「さぁ、オープンホスピタルまでぼくも洲崎組からの指令を貫かねばならない

K先生とデートまで漕ぎ着けるためにも、毎日チェック大会ケロよ!」

程なくして、朝ご飯を食べてヨーグルトの代金を置いてから花井クリニックに向かって出発した

 

花井クリニックには11時前に到着したが、脈が早いのでゆっくりゆっくりで行動している

「僕が思ってた通りやはり不思議な芳香剤で決まるケロね!春日井はほんとに不思議なところけろ!」

「きちんと宝箱にないか確認してたのね」

ガネーシャの神さんは仕方ないケロよ!

でも逆流性食道炎なのに、平気でキムチを買わせるなんていいのかしらとおもうけろ!

君の心臓はちょっと前から悲鳴あげてるから、カレンダーでモリコロパークで無理するなら愛知医大のオープンホスピタルに来てほしいけろ!」

「分かったわ、今日まずキムチのこと、花井先生に頑張って相談するね」

「心臓が悲鳴あげてるから、カレンダーじゃなくて不思議な芳香剤の効果を試したいケロよ!これじゃ、ガスモチンとタケキャブ切れたらまたせきが酷くなるケロ!

キムチは親父だけでいいけろ!」

「まぁ、キムチの前が毎日カレーで9月のある日からガラスープの味付けになっているんだ

カレー、キムチ、コーヒーの胃が悪くなる二重奏で近々コーヒーからお茶になるらしいんだ」

「ぴーくん、毎日カレーなんてイチローじゃないか!僕はびっくりした!突撃隣の朝ご飯でね!」

「テレビで見たことを押し通して彼女を人体実験してるのじゃよ!

スープは毎日ほぼ同じだし、パスタとそうめんダブルヘッダーのときは酷かったのう!」

「それで愛知医大の見舞いにも3回来てないケロね!ペンペン先生!」

「やはりのう!長久手は絶好調だが、春日井は運気が悪いのう!」

 

そして診察になった

「先生、キムチ食べてから、下の血圧がなんか上がってます」

「とりあえず、回数減らすかほどほどにしてみようか、薬いつもの出しておくからね!」

花井先生はやんわりと回数減らすかほどほどにという作戦を伝えてくれて、それからその足で三郷に先に向かい保証協会だけ支払いを完了した

ガスの振込先のカードが家に忘れてるため、とりあえず持ってた保証協会の振込用紙だけ

完了した形である

それから尾張旭に戻りいつもの薬局で薬をゲットしてアスカに向かった

アスカの昼ご飯がこちら


f:id:mariko2253:20181030150019j:image

「キムチより、花丸だけろー!」

「春日井のあるクリニックに通ってたときに買って食べてたサラダだよ アスカでも売られてて感動した」

「冬季限定みたいな?」

「これが、あれば頑張れるんだ!心臓辛いときの支えだったから」

ご飯を食べてから印場行きの電車に乗った

車内は誰もいなかったが、チャーリーがお手玉をしてくれた

お手玉得意なの?」

「ぼくの特技だけろ!岩作の森で鍛えた時からお手玉は得意なんだ」

そして、印場に降りて藤が丘行きのバス停に向かった

バス停に到着しても、チャーリーはお手玉をしていた

「まりこさーん!名古屋の市バスは210円先払いだから準備するけろー!」

小銭を準備してバスを待っていてもチャーリーはお手玉をしていた

「花井先生は気を遣ってくれたけろね!」

「まぁ、内分泌の野村先生に続いてそうだけど」

「しかし、心臓のことね胃のなか以上に気を遣わなきゃいけないぞ!」

「まぁ、しかしお手玉上手だわ」

「魔除けのお手玉だケロよ!洲崎組からこっち来て3人組に目をつけられないように魔除けのお手玉を最近練習してたけろ!」

バスに乗り込んで藤が丘へワープ大会が始まった

20分後富が丘に到着そして、平和堂に向かった

「キツかったら、ゆっくりでいいけろ!」

「タマルさんのスカボローフェア聞きながらいく」

そして、平和堂に到着した 朝日が丘の時間まで待機してるが、帰りも2回目で買い物しないといけない

そして、ベンチに座ってブログを書いていた

「残りの勾玉はもとより双方ハーキマー含めて入金の連絡がないですね」

「そこがフリマの怖いとこで、佐賀はいいけど、問題は沖縄行ったモリオンたちが心配」

今日明日は天王星と金運の金星の綱引きモードなので慎重にしなければならない

「もうちょいで朝日が丘タイムだ」

「なんとか、計画書と買い物終わったら春日井でガスとテレビの支払いを頑張るケロよ!

朝日が丘は石黒内科行く前にあるけろね!」

「木曜日夕方だけど」

「まりこたん、キムチ以上になんか元気ないよ、ブレンドオイルスプレー早くきたら思いっきり試したいよね

青いめんたまと菩提の木の実つけてないと、部屋に生き霊きちゃうのが辛そうだ」

「君たちはほんと、霊障というかアクセサリー抜きだと落ち着かないよね

天然石だけではそいつら収まらないケロよ!

今朝僕が来たときなんか変なのが部屋中走りまくっていたからまりこさんだけ守ったケロよ!これが所謂霊障だたりだけろ!

周りから孤立してたり無理に人の顔色気にしたり、いつもトラブルだらけだけろね!」

「見舞い来てくれないで喧嘩して余計に顔色ばかり伺って何にも意見が言えない」

「そんなら、君も万が一の時は春日井市民病院に見舞いに行かなきゃいいとか言いたいが、どうも周りに人がいなさすぎて結局君だけに負担になってるけろね!大変ケロ!」

「あんまりたくさん食べられないのに、痛い(+。+)」

「どうしたけろ?」

「ヤドカリの二匹目がちくんと」

「K先生に今度相談するけろよ!これだから、霊障と人体実験はゲームやSNS抜き以上に困るケロよ!こりゃ、四回目もそんなに遠くない未来だけろね!

オープンホスピタルと前半の振込粘るけろね!」

そして、一旦平和堂を出て朝日が丘へ向かった

途中で厄除けブレンドが昨日発送されたことを知ったが、未だに残りの天然石の入金の案内はまだなかった

 

朝日が丘に到着して受け付けを済んで呼ばれるのを待っている

「お金のブレンドも大事だと言いたいが、金の亡者より君は愛のブレンドの方がいいかもしれないけろね!

お父上に従う気持ちも分かるが、それでは周りの人たちは病院以外離れていくけろね!

君の春日井支店口座は2月で解約しなくていいけろ!父上の年金は近くに移せばいいけろね!」

「昔からしがらみだけは強いからな」

「たまには、病院のお祭りも来てくれていいけろよ!特に君には1番来てほしいんだけろ!

家でテレビだけだと遠慮なく時間だけ過ぎるし西郷どんも年末に終わっちゃうけろね!

口座を来年解約しないと約束するなら、僕はオープンホスピタル以後に君にたくさん長久手尾張旭市の病院通えるお金のブレンドを考えるけろ!」

「チャーリー、分かったよ、ヤドカリブラザーズ悲鳴あげてるから、怒りに任せてそんなことしないよ」

「ケーロ!約束だけろ!」

「心臓とヤドカリブラザーズが悲鳴あげてるから、解約できる力はないし」

電気流しが始まり、電話からてっちゃんの声がした

「オープンホスピタルまで一週間切りましたが、チャーリーくんと一緒に頑張ってますね

「てっちゃん、アスカでカボチャのチーズサラダご飯美味しかった 冬季限定のサラダ」

尾張旭クリニックのときでも使えますね、今度鉄剤巡って採血ですけど、吉牛より格安ですよね 隣は豆腐のがんもどきですか!」

「そうだよ!」

「次、名古屋脳神経外科もありそうですね」

「川口先生狙ってくよ」

「1番は7日のK先生を覚悟する前に、オープンホスピタルに来ないとね、今週のタイトルがまさにそれだから、プレッシャーはまりこさんにもあるわけだ」

電気流し終わってウォーターベッドへ

「まりこさん、流石だな」

「髪の毛切ったこと?」

「Y先生と1番はK先生意識してるでしょ?」

「いやー、神の世界ってやつ?」

「プログラミングはすでに覆りましたが、たまには放射線科の機械の勉強もしてください

「プログラミングどころか、メモリーオイルのブレンドどうしようって感じ?

天然石より商材にはなりそうですけどね」

「射手座に木星入ったらアロマがないと風が起きないって」

「火のない所に煙は立たないってやつですね!メモリーオイルというのは、おまじないのオイルなんですね!」

「一応数多いから組み合わせは千差万別だよ

今頼んでるのが、ソウルメイトとミステリーパワー入った強運引き寄せ体質と上昇ブレンドと1番は厄除けブレンドで、メルカリなら安く買えるから」

「香水すぎません?」

「優しい匂いだよ 香水すぎない」

「だから、香水瓶を身につけたいわけですね!」

「そうです!日によって色が変わるらしいと

頼んでるものはアドマイザーなので、まだブレンドの瓶ではないです」

「まぁ、チャーリーくんも言ったと思いますが、春日井支店の口座の解約は僕からもしないでと伝えておきます

僕もブレンドできるオイルスプレーに興味出てきましたのでね」

「春日井帰っても人に会わない、電話だけでSNSとかも抜きだし、LINEはもうやめてるから使えないし」

「あまり、電話だけ、テレビだけが辛かったら是非ともオープンホスピタルに来てくださいね プログラミングとは違いますが、それ以上にためになります」

「てっちゃん、ヤドカリくんに弟ができたらしいんねや、心臓もどしーんどしーんしてるから言うこと聞くわ」

「カパール先生ね、ヤドカリくんに弟ができたらしいから、彼女は絶対に我々の言うことを聞くはずと言ってましたし」

「ヤドカリくんがブラザーズ化されてブラザーズフォアって感じ」

「ムズムズするでしょ?例の曲2つ

でも学校では光GENJIとかあわせなきゃいけないし家と学校の曲が違うから悩んだでしょ?」

さだまさし聞いてるのとか言われてめちゃくちゃ学校でいじめられた」

さだまさしさんとスカボローフェアでなんでいじめるんですかねー!」

「あと、親が使ってた春日井支店のゴルフの会とか、バンクオブ名古屋と農協使ってるのかと学校で皮肉られた」

「使ってる銀行が当時の東海銀行だったらよかったのですかねー!」

「だから、呼ばれるわけないよ、同窓会なんか、ハブられてるから」

「コンピュータもいじめられたのね」

「オタクと揶揄されて、不登校に追い込められチャゲアスの世界に」

「んな奴らがスマホになってるんですよ」

「レストランのネームバリューで仲間はずれオンパレード」

「そりゃ、パパさんが昔から強権行使してたから、まりこさんはいじめられてたのね

仲間はずれは辛いなぁ」

「ネットゲーム逃げても酷い目に遭いまくるし」

「運転免許取得のときから、背後霊がついたのも知ってますから、だけど一時期だけ離れてしまったけど、その人物が遠くなってからまた戻りましたので」

「そして、愛知医大手術3連発だなぁ、四回目も怖いなぁ」

「僕もチャーリーくんとメモリーオイルを他の人と真似しないように格安で考えますね

心臓が悲鳴あげてヤドカリくんに弟ができたなら 血管奇形ってそういうこともたまにありますからね 兄と弟のヤドカリくんかぁ」

「なんで射手座に木星くるのに、ヤドカリくんに今頃弟ができるのって感じ」

「それはね、どの部屋に木星が来てもまりこさんの生まれの火星に向かってる土星が乗ろうとしてるなら、平気で暴れると思うんですよ 二人目の弟ができてもおかしくないな」

「ヤドカリくん3兄弟やんか!」

「まりこさーん!テレビでこれはいいとやっていてもキムチやラーメンのスープはいただけません!父上は強権行使であなたをテレビのネタにして人体実験しています!

花井先生や野村先生はよくても放射線科は許しませんからね、うーんヌルい、ヌルすぎる!

だから、ヤドカリくんに兄弟がたくさんできちゃうし

心臓に悲鳴が上がるわけですよ!」

「(゜Д゜;)」

「テレビの名の下に人体実験、いけません

いつも悪い意味で顔色ばかり伺いすぎです

でもそれでは周りから孤立しますから

射手座に木星入るのにそんなこと言っていいんですかね?」

「ともかく、てっちゃん、もうじき理学療法士さんだからそろそろ一旦僕に任せて切るケロよ!」

「チャーリーくん、分かりましたよ まぁ、春日井でプログラミング教室なんかね、体操教室なんか決してできません

なぜならコンビニが隣にあるから、レストランはもう周りに必要とされてない、余程必要としてるのは大きいバスがあったときから悪いこと考えてる奴らだけ

そこからまりこさんだけはお救いしますから

どうか今後とも我々の言うことを聞いてくださいね」

「てっちゃん、ありがとうね」

「お金のブレンド、チャーリーくんと一緒に考えますね、アクセサリー抜きができないのは分かりました 春日井に用は悪いこと考えてる奴らだけ多いでしょう!」

 

そして、理学療法士U先生のリハビリが始まった

「チャーリー、そしてテツゴロウ!」

電話の向こうでししまるさまの声がした

「おまえら、金運のオイルスプレーなんか考えるなよ 俺みたいな守護天使ブレンドをまりこさんにやらせればいいんだよ」

「ししまるさまー!」

「どうもそんなに遠くない未来に難しい手術が隠れてるな、根拠はやはりこの前の心臓エコー、ヤドカリくんに次男が誕生した話

まぁ、そういうときに金運をあれもこれもかき集めてじゃなくて、おまえら!いつでも俺やカパール先生がオイルブレンドでまりこさんのそばにいれば全部解決!

ロボットでプログラミングしましたーよりもスポイトでぴっぴっとボトルに内蔵すれば、誰でもできる神さんブレンド

それ塗って宝くじとかは俺は許さないから!」

「( ̄□ ̄;)!!神さんブレンドですか!」

「だから、言ったろ?オープンホスピタルを越えてK先生の診察の後に神さんブレンド大会だと、そこに金運のオイルはいらないんだよ

射手座と獅子座と守護天使、話すやつからいるんだよ

岩作から洲崎に来てもまだ修行が足りないんだな」

「すみません、ししまるさま」

「ボトルで、まりこさんがいう神さんを金運以外のボトルで表現すればいいってこと!

つまり、待ち構える難しい手術にパワストじゃなくて、その神さんブレンドで来て欲しいと言うこと!

その主人公のまりこさんが、今度のオープンホスピタルに来るべきであって金運のオイルだらけが必ずしもあうとは限らないから」

「オイルでカパール先生を表現ですね!」

「フーくん!物わかりよろしい!まぁ、たくさん入りそうなボトルペンダントをメルカリとかで探すんだぞ」

 

リハビリは終わり、計画書のことをU先生に聞いたらなんと3ヶ月周期と聞いて安心した

そして、平和堂に向かい頑張っていわれたものを買い物していた

「用は香水瓶の中にスポイトで神さんを表現すればいいってことらしいです

ただし、金運のオイルは入れないということです」

「瓶ペンダントを探すところから始まるな」

「フーくん!ししまるさまは深いケロよ!」

「まぁ、中庸が1番難しい、あの方は鍛えてるときにいつもそう申しておりました」

「オイルでカパール先生を表現するんだのう!」

「恋愛運はいいですが、やはり心臓エコー、そしていつの間にか誕生したヤドカリくん次男、さらにオープンホスピタルがトリガー引きまくってますね」

「確かに金運系、札につけろとか財布につけろとかで嫌われてる」

「まりこさんは前試されました?」

「つけてもね、みんなお札がランチの会計で旅立つとなんにも効果でなくなっちゃう

ししまるさん、図星だわ」

「宝くじとかは?」

「たいしたことない、何故か自分は あれからオイル種類大量に増えたけどね」

「神さんブレンドだのう!以前は金運系効果いまいちだったのう!」

守護天使を軸に神さん風に表現する、金運系は入れない、その方針で行くね

ボトルペンダント大きいの見つけるの心配だな」

「K先生の診察終わってから?」

「オープンホスピタルも控えてるからとりあえずあの3つのアドマイザーの実力を知りたい、それから」

「名古屋脳神経外科もありますね」

「最悪、守護天使とミステリーパワーとスピリットガイドと獅子座だけでもいいよ」

「カパール先生をオイルで表現か

最大の課題だな、まりこたん」

「もう、やるしかない、金運系じゃなくてね」