神さまの言うとおり~marikoの血管奇形物語~

平成30年3月28日より末梢性動静脈血管奇形と4月16日より甲状腺良性腫瘍のため春日井市から長久手の愛知医大病院に通ってます   

第59話 12.31~1.6 中編

第59話 Wellcome to Underground 2019year 中編

 

1.2 水曜日 初夢の日

「フライングだった」

両社宮にてお札を買い忘れてたために、受付に行こうとしたらまだやってなかったのでびっくりした

「初夢は?」

「なんか、血圧の薬探してるのに間違えて安定剤と漢方飲んでしまう夢だった」

「まさか、テルミサルタンが?」

「とりあえず、氏神様と国府宮の作法学んだから一時間後にリベンジね」

家に帰って英語で時間をやり潰していた

「お守りもそんなに買いすぎできんな、厄払いのお守りくらいか」

「なおいもきちんと返してお守りも減らすね

「これのために国府宮もなかなかきついものだな」

「あんまり、暴言とかキツかったらお祓いも受けるしかないねぇ 平和堂の件から心配だったんだよ」

「今日は買い出しはないけど、初詣パート2頑張らないとね」

国府宮のそばはスーパーありますか?」

「ちょっと歩けば平和堂で、普通電車に乗れば妙興寺ピアゴ

「なんとか国府宮で収めないとね」

「今日も正しい作法で攻めるまりこさん!」

「こりゃー今回は英語はまたレベル100なったし、初詣頑張らないとね

アリーナが順当に勝ちまくりになってる」

「ししまるさん、国府宮のお守りも厄払いのものだけにするね お祓いが5000円なので」

「洲崎来年になるためによろしくな、まりこさん 俺の初夢は、トパーズ先生からで氏神様のお札を貰わないで国府宮に行くなと、お札を貰ったらそんなにお守りも買いすぎなくていいからって」

「最近トパーズ先生、まりこさんがグーグーのときに飛んできてるね」

「((((;゜Д゜))))」

とりあえず、また両社宮に行く準備をすることにした

 

そして、両社宮で氏神様のお札をゲットしてから国府宮に向かった


f:id:mariko2253:20190102141104j:image

ここは国府宮近くの大御霊神社、ここからまずお参りして国府宮神社に入った

まず、去年のなおいとお守りを収めて、それからなおい殿と本殿のお参り、そして厄除けのお祓いもこなし、お守りはなおいの布と交通安全に絞った 厄除けのお守りはお下がりに入っているからだ

そして、休む間もなく春日井に向けてトンボ返り、出店を覗く暇はこの後にエスティマの運転を控えてるため全くないまま、名古屋に戻って地下鉄で帰路についている

お下がりの落雁を食べて鋭気を養い名古屋の人混みを抜け、今は名鉄小牧線に乗っている

「やっぱり、なおいのきれって国府宮神社の特別なアイテムなんだよな」

「仕方がないのです!来月にははだか祭りあるのですから!」

「確かに去年はなんだかんだとお守り多かったが、今年は基本に忠実だからな」

国府宮は厄除けと交通安全となおいで安く収めた 他はまだしばらく残しておきます」

「身代わり不動尊も病院の合間に行かなきゃね」

「来年また帰ってこれるように」

そして、家に帰りとりあえずお札を収めてほっと一息ついた

テレビは大須のドラマをやっている

「ママワンワン先生が、伝言であけましておめでとう、トパーズはしっかり手紙を読んでるワン!エスティマの運転も気をつけてほしいわんと伝えるようにって」

「打ち明けてよかった、今度然るべきときに、必ず洲崎と大須、行くからね」

「どちらかというと、大須の万松寺だな 洲崎はまだお守りが生きているから」

「第一人者に打ち明けないと、なんかあってからでは遅いから」

「しかし、何故手術のときにいつも半分コントみたいな展開になるよなぁ

俺らもジェイソンくんを失ったけど、何故当日にいきなり難しいとか連発するのが分からん」

「1番は辛い思いしてたのは、まりこさんですけどね 管や点滴に繋がれているし」

「普通は言わないことを言われ続ければ、春日井も状況悪いし、自殺行為に走ってしまうこともあるからな まぁ、基本の神宮大麻はじめお札の法則と元旦に大きな金額を使わないのとお金を神さま以外動かさない、風呂も入らない、掃除もしない、これだけセットでこなしたからな」

「まりこさん、トパーズ先生はしっかり受け止めてますから安心してください、責めるべきは11Aではなくてね」

「11Aは責めへんよ 看護師さんたちよかったし 問題は…」

「問題は…だな 看護師さんたちはとってもフレンドリーで親身だけど、当日にセンターで当事者が毎回不安を煽る展開では、まりこさんも怖くなるはずだ」

「基礎は大事だのう、基礎を飛び越えて応用はできないんだのう!」

 

そして、昼ご飯の後、エスティマで西高山町のバローに行きいわれたものだけ買ってきた

もちろん、今回も白菜をむくのを頑張らねばならない

帰ってきてから、フーくん、フー子さんのスマホケースがざくっと割れ目が入っていた

「フーくん、君とフー子さんのスマホケースが大変なことになってしまった」

「イヤホンとそれですね 前のぼくたちのは丈夫でしたが」

「イヤホンが、片方蓋がみしっとなってきたから、手持ちのイヤホンつけても、音がならないんだ mp3は聞けるけども」

スマホケースも、チェンジしましょうか」

「なんとか探してみせる 英語はまぁ、今日は十分頑張ったし、白菜をシェフのように向くのにスゴい体力いるんだよ

イヤホンの蓋が取れてスマホケースの横がみしっとするのも気持ちが悪いでね」

「開運理論に基づいた奴でいいですよ 財布変わってから確かに無駄遣い減ってきてますし、お守りも厳選してますし」

「白菜をシェフのように!!シェフとプログラマーとエクセラーを行ったり来たりだな!!」

「ししまるさま、Excel愛好家をエクセラーというのが壺に入ってます!!」

「お小遣いをExcelにつけるのが、エクセラーだ やはり、氏神様と国府宮様のブーストが効いてるんだ」

「両社宮がゲーム以上に役に立ってるよ」