神さまの言うとおり~marikoの血管奇形物語~

平成30年3月28日、あの日から全てがはじまった これはどうぶつさん達と共に挑む日々の戦いの記録である パソコン便利屋のページ https://office2253.stars.ne.jp

第60話 1.7~1.13 前編

第60話 If Today was Your last day 前編

 

1.8 火曜日

「ニット帽、あかのれんやしまむらにありますね」

「流石に桐野くんの帽子では笑われるから、調べてたのに」

今日は流石にまた朝宮町まで運転もあるし、10日過ぎるまではメルカリも我慢してるのにいいなと思ってた教材が次々売れてたまらないのである

所得税の後期もあるし、キツそうだ」

「年末調整あった分、そんなにはいかないはず」

七草粥も見事売り切れというね、夕方の時点で買ってたら問題はなかったが」

「ニット帽、切り替えるしかない」

「まぁ、流石に桐野くんというか忍者では、笑われるな 計画書の金額見てからが運の尽きだったな」

「前の整形外科の場合は1か月ごとに計画書でね、二千円はかかってて、朝日が丘整形外科もそれと同じようなものだと思ってたら1番ありがたかったわ」

「計画書で二千円!?」

「それで、平和堂我慢してて外に出たら神さんとママワンワン先生と巡り会うとは夢には思わなかった 霊力あるワンワン先生だと思ってた」

「計画書の値段が知りたかったから、あの時点で我慢してたんだね 霊力ちょっと助けになったかな?」

 

朝ごはんの後、中部電気保安協会の点検をこなしていた

保安協会のおじさんが帰ってからいきなり、学生が目の前の駐車場で堂々とトークをしていたので驚いてしまった

こっちが、外のヨーグルトの箱を取りに行くと向こうは数分後に逃げた訳だが

長久手より、インテリジェンスないよな 朝からこんなの見たくはないぞ」

「今日はクリニック終わったらなんとかあかのれんに向かいたいものだ」

「暖房必須ですね」

「どこまで、まりこくんたちの目の前で舐めてるかのう!」

「ペンペン先生、みんな!またメガバンクが休業なる前に小型パソコン、明日大須で買取してもらうね 早く医療事務の勉強に入るためにも」

「メルカリ、気をつけてくださいね」

「銀行の動きがテコでもわからんようになってるわ」

「不祥事起きても責任とらん銀行なんて聞いたことがないですね 春日井大丈夫か…」

大須行ってそして、ござらっせとイオンモールで散髪こなします ああいうこと起きても全然変わらないなんて」

「いいよ、どうせやるなら長久手もっと活用してくれよ 春日井ほんとに大丈夫か」

「ちゃんと神さまは見てると思います あまりにも春日井で動きがないというか だから

通りすがりにママワンワン先生とトパーズ先生をすれ違いさせたのではないでしょうか

まりこさんはプログラミングじゃなくて、医療事務か調剤薬局事務か…なかなか税金のこととかもありますし、周囲があまり無理解なのが」

 

昼になった 調剤薬局事務のアプリもダウンロードした

こっちの方が自分の中では問題の相性がよかった

「なんとかクリニックこなさないと」

「医療って薬局とクリニック、密接なんだよなぁ」

「使える問題集だね!」

「フー子から伝言で明日大須で頑張って買取してから、藤が丘というか散髪と温泉の件分かったよってニット帽なんとかクリニック終わったら漕ぎ着けてねと言われました」

「フー子さん…」

「朝宮町のクリニック、運転頑張ってねって」

「昨日はほんとに、言葉に出来にくい想いはあったから」

「愛知医大じゃないところで、ちょっとしたドラマも素敵ですよね 春日井の場合はほんとに人格傷つけられますが、きっと働き方改革かなんかでまだ転勤はだせれないかもしれませんよ」

「まりこさん、今日クリニックや薬局で勉強してね 家よりは暖房かかってるし」

「まだ昨日のセントアースそばの余韻が残ってる」

「ワンワン先生たちは最強の霊力をそこの猫ちゃんよりは持ってるんだ

今までなんで長久手に来てくれなかったか

まぁ、手紙は昨日に続いていたからな 計画書の日にして」

「なんか、使徒とかさっちゃんとか急に恥ずかしくなりました」

「君の動脈瘤もヤドカリ以上に正直者なのに、関節炎悪くしちゃってるからね

トパーズ先生は歩きスマホしてないから、まりこさんもニット帽見習うべき!」

「ヤドカリくん以上に最大は動脈瘤だからなぁ、もうあまりゲームやりすぎはできないし、物理上県営名古屋空港のそばなので無茶は出来ないからね」

 

いよいよ、朝宮町行く前になった

レストランのクチコミを見てみるとお詫びの言葉が書かれてたのでほっとした

「雨降って地固まる!まりこさんの勇気が道を切り開いた!!」

調剤薬局事務と医療事務勉強してなんとかそういうバイトでしばらく繋いでくよ 」

「父上の血圧の薬もいいのと巡り会えますように」

「どっちも病気だが、これを機会に国保というかクリニックも薬局も勉強するさ

訂正のクチコミはうれしかったし」

「地域に高齢者多いとそうなるよね、歩きスマホじゃなくて」

「魔法同盟はやらない 県営名古屋空港小牧基地ある限り無理だわ」

「セントアースのそばを歩いてよかった!」

今そこにある危機をなんとかしないとな、父ちゃんの血圧が高いから」

 

そして、朝宮町のクリニックへ、エスティマを走らせて到着した

「昨日の残像がよぎってるか」

「前澤さんより、ママワンワン先生と神さんしかないよ」

「エンジンをかける直前の秀逸な会話シリーズ」

「いやーこれでも水星と火星に火星と生まれの火星のごっつんこスクエアとスクエア大会なんですが」

ツィッターに戻らないでひたすらセントアースを極めてるね!」

「ああ言うのは、必ずニセモノが出てくるから それも複数のね」

「前澤さんのニセモノ…」

「ばらまけるうちは花だけど、それが枯渇したら大したことではないからな」

「リツィートしただけで、そんな貰えるんかな」

「あとで必ず問題になるよ アップルみたいにフラグ立たなきゃいいけど」

「真面目に父上の血圧の相談とニット帽しかないな」

みるみるとクリニックの駐車場は車が少しずつ増えてきたみたいだが、一部薬品会社の車もあった

SNSも位置登録と一緒で詰まらなくなったから前澤さんには応じない」

「ニット帽と医療事務や調剤薬局事務以外考えてないもんな」

ツィッターも飽きちゃったんですね」

「だから、このブログで一国一城するしかないのさ」

「ママワンワン先生の霊力パワー!!」

「はじめて会った気がしないよ なんか風がビューっと」

「ほんとでしたね」

 

さて、父は待合に呼ばれてそれからセブンイレブンに向かったらATMが点検中だったので少し待っているときに右を向いたら、なんとセブンイレブンにニット帽があることに驚いてしまった

「うそーん!!ニット帽!!」

そこで、私はダイソーを思いついて、歩いてダイソーに向かった

ダイソーには女性用のニット帽が300円で売られてそれが最後の一個だったのだ

「まりこさん!ここで買いましょう!そうすればあかのれんは、なしになります!」

フーくんに言われて購入してセブンイレブンに戻ると点検は終わっていたので用事をすましてクリニックに戻ってきた

まだ父は帰ってきてなかったが、とりあえずニット帽が意外に安くゲットできて本当によかったと思う


f:id:mariko2253:20190108180359j:image

父が帰ってきてから、腎臓の値が悪くなってるので血圧が跳ね上がってると告げられ血圧の薬も変えて貰ったらしい

会計が終わってから薬局へ行き薬剤師さんたちの動きを見ながら時間を潰した

この前の医療事務の講座の動画のお陰かすこーしだけ調剤の内容が理解できた

「間近でみると新鮮に見えるね」

「パパさんの処方箋のお陰で勉強になったなぁ」

「今日は医療事務と調剤薬局事務勉強してたんだな」

そして、家に帰宅してニット帽を被り作業を一通り行ってから部屋に帰ってきたのだった

家に帰ると寒さが一気に襲いかかってきたので驚いている

「明日は、雪が降らないか心配ですね」

「あんまり、寒すぎたら日程遅らせる 下手したら金曜に纏めてになるかもしれない」

「なんとか買取と散髪と温泉コンボならないかな」

しかし、散髪と温泉自体はコンボできるが、パソコン買取という難関があるため、やはり大須へ行かざるを得なくなった

「メルカリで出していいのか迷うし、発送が困るな」

「まぁ、初期化できたら初期化しておくと、買取早くなるからね SSDが1番チャームポイントだし、Linuxにしたい人達がこぞってまりこさんの代わりに頑張るだろうね」

尾張旭じゃなくて、長久手でなんとか頑張れないかな!?」

「確か一個中古パソコン買ってくれるところあった」

そして、クチコミをチェックしていた なんと長久手古戦場そばというかみかわクリニックの南側にあるらしい

「小型パソコンくん、ここに行きたがってるね」

「!?たーくん確かにイオンモール長久手のそばだ」

長久手でオールインワンしちゃうといいよ

散髪と温泉とそしてパソコン買取と!?

iPhone seもそうだったようにね」

「買取して散髪してござらっせルート!?」

「大手に見積もると低く見られるかもしれないけど、名古屋の雑踏を歩かせるなら、みんな長久手で完結すればいいよ」

「ありがとう、たーくん」

「今洲崎のみんなが長久手にいるから、そういうときの大須は結界が悪いのでね

成人式終わるまでは休みという展開だからなぁ 」

「春日井組はまりこさんとパパさんの面倒を見てるわけだが 今日のニット帽、セブンイレブンで売られてたのをヒントにダイソーに走ったのはいいことだ」

「洲崎組がまた洲崎の持ち場に帰るまでに長久手を増やしてくれと」

「しかし、パパさん…桐野くんというかあの忍者の帽子が似合うとか薬局で言わなくていいから」

「ニット帽と忍者の帽子に挟まれてるな!」