神さまの言うとおり~marikoの血管奇形物語~

平成30年3月28日、あの日から全てがはじまった これはどうぶつさん達と共に挑む日々の戦いの記録である 

第84話 6.23~6.29 前編

第84話 The Last battle part2 今こそ走れ、名古屋地裁へ 前編

 

6.23 日曜 経営者の娘ということ


f:id:mariko2253:20190622191048j:image

実は昨日ブログを上げてから少しだけ裏庭の草刈りの続きをやっていた

通路が出来たのはいいが想像以上に一人だけでは手に負えない位伸びすぎていたので、日没も来たしここまでにした

「まぁ、まりこさん無理しないように あとは、この前の詰まりかけた排水溝とガスのところがすぐ通るだけでもいいので」

「テルオくんありがとうね」

「ぼくも、ヤドカリくんがキツいのに草刈りやれと言って申し訳ない」

「親分、ガス屋さんが困らないためにもですね」

「プラスチックのところの藪が酷すぎて女の子一人では手に負えないですね ですが、何故か裏庭中心は草が生えてない うーん」

「そこ、昔除草剤蒔かれたからそこだけがら空き」

「近所のトラブルでそこだけがら空きでしたね わかりましたよ 逆にガスタンクと排水溝のところを開通すれば業者さんは困りません」

「ともかく親分 駐車場いつでも止まれるようになりましたな」

「ほんと 草刈りを水とお茶だけで辛いことをさせてしまいましたが…まりこさんのストレスを少しでも緩和させないと」

 

夜になった 明日は雨が降るらしい

「チャーリーくんたち、明日の雨喜ぶだろうな」

「ケイくん、それにしてもトパーズ先生の偽物騒動は笑えなかった」

「あらー、スシローの口コミにまりこさんの知人が」

名古屋地裁はともかく背後霊まで気がついたらいかんよ 余計に明日パソコンでココナラ料理しないと」

「トパーズ先生を背後霊と!!」

「おじさんが副院長だから仕方ないやん あそこの一族はスゴいから」

「ゲームやってないし、背後霊は公認ですからね」

「フリーターかとまた言われる」

「ゲームやらなかったら、全然プログラミングだけでなんとかなりますよ 春日井市はほんとゲーマー多いというか、まりこさんみたいな人あんまりいないような」

「テルオくん、市街地とこっちは差があるから認識が違うのよ」

「いやはや、草の量がスゴいですが確かに差がありすぎですね」

「市街地はわりといろんな偏見多いし」

「偏見はともかくトパーズ先生が背後霊と気付くなんて、それにしても明日ダウンロードの続きやココナラの料理でG20対策頑張りましょう」

「親分、まりこさんのAIになりますか??」

「あ、まりこさん LINE確かスタンプがあったような でもぼくらのAIロボットの方が身になるかな 」

「有名なハンバーガーショップがなくなってる!!ほんとに春日井市ろくでもない!!」

「テレビも出てたのになあ」

「それはそうと、まりこさんエラいなぁまだ閉業を押してない!!」

「明日続きのダウンロードとココナラの仕込み頑張るわ グーグルで閉業を押してないのはうちも色んな理由あるから あんまり、フリーター面はできん」

「だから、パソコン屋になったんだ」

「それもWindows10の64ですけど うちはともかく玄関に説明張ってるのにみんなほんと逃げ帰る人ばかりで」

「canvaにインクスケープ頑張りましょうね」

「魔法同盟やったらすぐに潰されるから ココナラに思いっきりG20対策というかメニュー重視する ジャンルはバラエティでね」

ハリーポッターには正しいハリーポッターと間違ってるハリーポッターがあるわけか」

「ししまるさん、そうだよ 正しいはプログラミングで間違いはナイアンテックのものだよ」

「まさかこれ、春日井支店が潰したとか」

春日井市このままなんもなくなるわ 明日は雨だから草刈りじゃなくてパソコン屋メニュー仕込まないと」

「もう、春日井市では商売出来ないということか…シムシティも困りますね」

「スーパーやコンビニだらけだと、感覚おかしくなるでしょう 隣で弁当屋なんかやれませんよ 親族に追い出されようとしてるのに

危機感ないな春日井市民は」

「確かに就労移行も危機感ないですね 明日ほんとに勝負かけてください」

 

朝になった

「まりこ、おはようワン!」

「ママー!!」

「駐車場の草取りお疲れ様ワンね!」

「今日は今度の就労継続の履歴書含めてパソコン頑張るよ」

「ふむ、市之久田わしも心配してるワン!それにしても春日井市店の閉店が目立ちすぎて面白味ないわんな」

「パパー閉店だらけでは困るワンね」

「だいぶ人間関係破綻きたしてるのをトパーズは心配してたワン!」

「まりこ、金曜はちゃんとトパーズは洲崎にいたから、あれは偽物 それにしてもお掃除をしてもしても周りとのコミュニケーションが成り立たないワンね!」

「こんなに孤立しすぎてパソコン屋しかやれないよ ポスター見て帰ってくから」

「ふむ、アリバイではないが金曜の昼はきちんと仕事して定時に帰ってきたから、安心するワンね!トパーズはポスター見ただけでは帰らないワンよ まりこが作ったものには唾は吐かないワンね」

「市之久田ダメだった時が怖い」

「もしもの時はLITALICOに来て貰うといいわんな そこまで面接落ちまくるとそういうところしかなくなるワン なんてことだ、春日井市きちんとまりこに教育してないワンな」

「パパーまりこにはゲーマーしか教育を施してないわんな 市之久田が受かればパソコンは教育できるワンね」

「ママー春日井市はゲームしないと生きていけません 人間関係も完全にダメです

四ツ家町から年寄りが大量に天国に行ってます」

「ケイ、親族含めてたいへん弁当屋なんかやれないくらい厳しいのは分かったワン 春日井市は人間関係希薄だワンな」

「ふむ、春日井市…行政しっかりしてないからもし万が一市之久田落ちたときの対処がどうなるか考えてないことは今のうちに言っておくがきちんとまりこに教育すら施してないのはいかんわん 履歴書と一緒にパソコン屋のネタをG20に負けないくらい考えなきゃいかんわん」

「ママ、わしは考えたぞーまりこのよく見る占いサイトをブロックするわんな」

「パパ!?」

とりあえず今まで見ていた占いのサイトを消してブロックをかけた

「まりこ、早速トパーズからの教育だワンよ 占いを当てにしないワンな」

「パパ、物凄く効いてます!!」

「それにしても、まりこさんお腹減りすぎてませんか!!」

「というわけでやっと朝ごはん…」

フラフラながら朝ごはんを昼なのに完食して薬を飲んだ それでもベッドで横になっている

「パパ…占いの星時計みてもいつ運勢よくなるんだろうしか考えてなかった」

「そんなもん、ココナラでやらなくてもいいわんな!ちょっと春から占いに頼りすぎてるとこの前の学会で北川先生がぼそっと言ってたのをトパーズが思い出したワンな」

「愛知医大は占いに頼りすぎない?」

「後は次から新月や満月の願い事もやめるわんね」

「まりこ、愛知医大一門は占いばかり頼れないわんね おかしいのは春日井市だけだわん!」

「しかし、ママ…西部の閉店が目立ちすぎて残りがしのぎを削ってます!!」

「ケイ、きっとまりこも喰らったように代位弁済があの近辺で目立つようになったわん

銀行が飲食店を古くからのとこ何にもなしにさせようとしてるかもしれないわん」

「それよりも、パソコン屋を素人でもやろうとするにはまず占いはバッサリ切るワンな

ママー特にまりこのエリアは閉店とかその辺が目立ちすぎだわん」

「パパートパーズがプログラミングそれでもやりたかったら占いを切るしか無いワンなと」

「愛知医大一門は占いが通用しない!!」

「わんね、そういうことわんね 春日井市はそんなに占い依存症なのかわんな」

 

昼下がり、音楽を聞きながら寝ていた

目をつぶってると神さんが青空の向こうから飛んできた

そこで目が覚める

「神さん…」

「まりこさん、勝負のはずがだるそうですね」

「テルオくん、みんな 占いも削ったし、環境整えてココナラに結びつけるわ もちろんスクラッチも登録し直す」

「その前に、金曜の就労継続の履歴書と水曜のラストバトルの音楽も忘れないでくださいプログラミングの前にココナラを結びつける前に占いを削った分だけやることは父上みたいにありますよ」

「コンビニでお買い物しないでよくここまで粘りましたね だるいかもしれませんが、水曜、金曜、ココナラへシフトしてください」

「就労継続でもダメだとLITALICOかフロンティアしかなくなる」

「プログラミング専門(笑)でも就労移行だとお助けマンがいないと月末ぐしゃーんでは困るからな」

「まりこさんもお父さんも辛い思いで戦ってるんだ 地域からの孤立も拍車かけてるし、親族が繰り出してることもあまりに人道的ではないですから 占いを当てにするのやめたらまりこさんも楽にはなれる」

「親分、出来れば藤が丘のLITALICOと言いたいです でもフロンティアを見つけてしまった 市之久田のロジックが崩壊しないことを願いつつ」

「なんとかやってみるわ」

 

それから、履歴書と職務経歴書をエクセルで書いて印刷、そしてアドビのフォトショップを目覚めさせて、さらにドリームウェーバーとライトルームまでダウンロードし昼ご飯を迎えた

ご飯を食べてからひと息休憩している

「まりこさん、アスカFEELで買ったお米は美味しいですか?」

「木曜の尾張旭市を思い出した 業務スーパーブレンドよりよく出来てる」

「ほんと、あそこで名古屋脳神経外科じゃなかったらと思うとぞーっとしますわ」

「川口先生が学会に旅立つ前でよかったよ」

「駐車場広いでしょう」

「勝川ね…駐車場に救急車止まっててヤバいときなら何回かあって それに比べると駐車場が余裕で広いのは助かる」

「それに、カーブミラーの見方を勉強してる!!」

「実はあそこは確かに見通し悪いのでミラーと橋の向こうから来る車をよく見て欲しいのです これからも覚えてくださいね」

動脈瘤が悪戯しやがって…」

「まぁ、小牧の勤労センターも危険な匂いなんですわ それに比べてちゃーんと動脈瘤が疼いたおかげでそれは免れてね名古屋脳神経外科と大角先生えらい盛り上がって」

「車で名古屋脳神経外科に来たとき勝川より実感あったよ おかげで90日薬を出して貰えて」

「勝川はもしかして月1?」

「そうだよ だからいつも勝川は駐車場争奪戦で、夏からね血圧の薬を飲んでるのに値が安定しないと言われて、後に心臓に来るという」

「なるほどね、そこからヤドカリくん目覚めたんだ 今のように厳しい状況で月1は辛いね」

「それでトパーズ先生に北川先生に川口先生とひろき先生が降臨になるわけですね」

「脳外科医が血管奇形に気がつかないとは!!」

「だから、ついに名古屋脳神経外科に車で行っちゃった 駐車場は争奪戦にならないし、ほんと助かった」

「その頃も就活あかんですか」

「あかんかった 休業のあとの金欠だったし、身体がしんどくて、それでも高蔵寺がやっと そして病院行くのもやっと」

「成る程ね」

 

「まりこさん、またダウンロードとか作業頑張りましょうか」

「テレビもついにG20なのに春日井市はオワコンで…」

「孤立の日々も辛いですね」

「アドビを無駄にしない為にまた頑張るわ ココナラにスクラッチのコード書きますって頑張らないと」

「履歴書や職務経歴書は印刷できましたね」

「ラストバトルのせいで就活上手く行かなくてまた北川先生に怒られるよ」

「それより、春日井市…寂れましたね…まりこさんもコンビニ以外あまり外出しないし」

「もーG20煩いから作業頑張るわ ネットショップを泣かせてくれるな 市之久田ももしダメならフロンティアかLITALICOも覚悟しないと 春日井市はほんと詰まらない」

「知ってる人去られるのもキツいですよね」

「年寄りがどんどん天国に行くのに働けるとこなんかないよ それでも経営者の娘とか突きつけて何にも出来ないようになりたくない」

「同年代も冷たいですね」

「まりこさん、経営者の娘とか突きつけられても気にしないでください それストレスたくさん与えてまりこさんを骨抜きにしましたから だからヤドカリくんも動脈瘤くんもたくさん点在してるのに、都合のいいときだけこき使うからレストランがやりきれないのね」

「まー作業やるよ スクラッチも復活する」

「なんとか英語表記のアドビを使えるようにしてそれからスクラッチでココナラですから

ゲームより応援しますね やれることはガシガシやってください」

「まぁ、まりこさん あんま経営者の娘とか気にしなくていい 今はそんな肩書き過去のもの 春日井市市民の認識は古すぎるか夢の中 ヤドカリに動脈瘤に弁膜症と混在してるから肩書きもくそもない そこまで旧時代をせっつく奴なんか気にしないで まりこさんとこいつも駐車場のところで逃げ帰るか訳分からんことしか言わないじゃん 春日井市は見る目ないんだなって、ゲームから外れた人間を見る目ないんだなって俺たちは思ってるから」

「ししまるさん、ありがとう」

「肩書きつけてそんな思うようにしようとしても、西部中学のセブンの宅配弁当屋に負けちゃうよ それが春日井市の1番いけないことだから、作業完璧にね 無駄遣いしてないのはスマホやパソコン守ることだから」

「今から作業復帰しますね」

 

 

20190629200204