神さまの言うとおり~marikoの血管奇形物語~

平成30年3月28日、あの日から全てがはじまった これはどうぶつさん達と共に挑む日々の戦いの記録である 

第84話 6.23~6.29 前編

第84話 The Last battle part2 今こそ走れ、名古屋地裁

6.24 月曜日 ライオンのゲートを潜り抜けて


f:id:mariko2253:20190623225607j:image

 

 

昨日ブログをあげてアドビの精鋭のダウンロードを済ませてそのままDreamweaverまではインストールできたがInDesignから前に上げたソフトの更新をしろと言ってきたためにやむなくブログはパソコンで書いてソフトの更新をやり過ごしている

ここまで7個あるんだよな...

「まりこさん、ソフトの更新でInDesignのインストールができませんね」

Dreamweaver一個終わった Scratchも登録し直したから大河ドラマとカラオケそっちのけで調理するしかない」

「テロップが合体できませんね」

「今日中にできるかこれ」

「とりあえずバックグラウンドにした 後はScratchコードを書きますを始動させるわ ほんと今月運勢さんざん」

 

数分後

ついにココナラにScratchのコードを書きますを出品した プログラマーの修行である

「まりこさん、よくやりましたね 春日井市動きないなか」

「今更、魔法同盟は戻れんよ もうあの頃じゃないから」

Dreamweaverはとりあえず更新は終わった

後はイラレやフォトショとカメラである

「ココナラの商品が増えた!!」

「まあ、ロゴだけでは納得しないからね 素人でG20対策というか」

「あとはLINEもアイコン自作しようかな デザインの修行でね」

「やりましょうか」

そしてLINEもついに石神様からコーヒーのラテアートのアイコンになった

f:id:mariko2253:20190623210546p:plain

「きゃーまりこさんのデザインが変身した!!」

「ケイちゃん!!あとはLINEのカバー写真だよ!!」

「洲崎一、ラテアート大好きなのです!!」

「テロップも商売にできるな」

「えーラテアート大好きなの!!」

「まりこさんの家はスタバなんて行くわけがないですが、私はラテアートに目がないのでトパーズ先生に呆れられました」

「いや、スタバなんて魔窟で帰りに南下原で雨に降られてからは行かない 久しぶりなのが三月のTSUTAYAをつたって面接で駐車場がえらい難儀した」

「TSUTAYAも面接したんですか!!」

「雰囲気がスタバに巻き込まれて厄介者扱いされてからは行ってない」

「ケイちゃん姫、あそこはまりこさんと相性が悪いです 駐車場が広くてもスタバ野郎どもが、それに面接でボロボロでしたから」

「まさか、まりこさんを落としておいていまだに募集とか」

「初夏まではそうでしたね」

「フー君!!これはあんまりだ」

「とにかく、三つ目のレパートリーが入りましたので更新しながら四つ目のレパートリーもトライしてください」

「LINEスタンプよりためになるな」

そしてLINEオリジナルカバー画像ができた

f:id:mariko2253:20190623214559p:plain

「うひゃーまたラテアート!!!」

「ケイちゃん、アドビと戦っているよ カメラは終わったから今Photoshopだけど」

「戦っている間にLINEのカバー画像もココナラにつけてあげて!!」

「やってみるわ」 

そして、LINEのカバー画像もココナラに載せた

「まさか、就活より畳みかけてるとちゃう?」

「アドビもやってるの含めて後三つだ」

「北川先生のおかげでファイルがはかどる、はかどる」

「これさあ、起業しないと市之久田落とすとかだと嫌だ フロンティアやむなし」

「いまどきは、まりこさんとこみたいに度真面目に血圧のシートじゃなくて、ああいうインスタ映えするようなアイコン主流ですからね」

「この前作った複合グラフのExcel血圧シートもココナラにいれましょう!!」

「更新終わってログアウトしてそれから張り付ける 春日井じゃない世界を相手にする」

そして血圧のシートの手直しをしていたが体温測定は複合グラフになったが血圧はまだ途中だったので格闘技である

更新は残りPhotoshopillustratorの本番になった

「あとはほんちゃんなったのに、もう夜遅くなったよ」

「ご飯が遅くなったね…」

「なんとか間に合うように祈りながらご飯にワープしてください」

「火曜日早く寝ないと水曜が早いからなぁ 頑張ってもなんも動かないと泣ける」

「頑張りすぎても孤独深いですな」

イラレが更新できたらきっとフォトショップも」

「占いが外れてばかりだよ あんまり逃げられてばかりで」

「とりあえずご飯食べながら様子見ましょうか」

春日井市…こんなに活気ないから春日井支店がー代位弁済で整備しちゃってる まりこさんはともかく、新しい店以外みんな代位弁済で整備しちゃって」

「ゲームとは何ぞやだ ここまで来ると」

イラレは更新が済んだがフォトショップだけミスが続いている

「デザインの道は厳しいですね」

「どうにかイラレまでは間に合ったがフォトショップが心配だ 」

 

そして、更新が終わりインデザインの蓋も開けてまた更新の悪循環

 

「あと、インコピーにライトルームがあるよ」

「父上も戦ってるからほんとに今日は夜更かしですな」

インデザイン更新したら、クリエイティブクラウドもログアウトして確認したら終わるよ」

「それしないと安心できませんね」

 

朝になった

朝から怪しい副業がテレビで流れている

日本語教師、審査か」

「検索するとココナラ以外あまりあれなことしか出てこない 引きこもりには厳しいもんだよ」

「なら、テレビで美味しいとこだけ流さなきゃいいのに」

ゴミ出し、そして家に戻る それにしても今日は晴れてるなんて聞いてない

「怪しい日本語教師よりフロンティアでいいよもう…」

「給与も確かに割に合いませんね」

「ほんとは、市之久田受かりたい でないと行くとこが遮断されてばかりで困る」

「名古屋より1番近いですけどね」

 

イラストレーターが突然使えなくなってしまったタイミングでコンくんがきた

「ちわーテルオくん」

「珍しい、コン様だ」

「トパーズ先生からおきつねを春日井市に派遣するようにと言われてまりこさんに伝言を伝えに来ました アドビのクラックのファイルを抜いてセキュリティを元に戻すようにって」

「やってみる」

そしてクラックのファイルを抜いてセキュリティを元に戻した

「お金が入るまで無料で頑張るしかないってトパーズ先生が言ってたんだ」

「コン様、またトパーズ先生が霊視を」

「会いたいから、クラックのファイルを抜いてと、金曜のあれは紛れもなく洲崎にいたのでぼくの偽物だとね」

「安心安全のコン様」

「もしかすると、市之久田は流れるかもしれないけど、就労移行でないと受け付けないとハローワークが言い出したらフロンティアにきてほしい だからね、クラックなんかやめてと」

「市之久田、悪い予感しかないの?」

「悪い予感しかしない 泣く泣くLITALICOかそれともフロンティア以外ハローワークも危なくなるね ブランクが増えてるので就労移行に行ってくれと それか長久手に畑仕事できる施設もあるけど…」

「朝からコン様核弾頭ですな」

「市之久田のキャパシティがどうなるか ともかくセキュリティに悪いファイルを撤去してアドビはそのままで無料ツール使わないと危ないサイトにつれてかれるから」

「成る程ね クラックしてもバレるからあのファイルを消すようにと」

「もちろん まりこさんはあのファイルを削除したのでそのままでいい きちんと収入入ってきたときに改めて払えばいいから

きっと水曜から後のこと不安かもしれないけど ぼくも手助けするからね 」

「コンくん…」

「トパーズ先生の代理だから、変なことしないように側にいるからね」

「コンくん、畑の就労移行?」

「久しぶりにまりこさんに会ったらだいぶ元気もないしその上クラックだったのが心配でね トパーズ先生がぼくにクラックをやめさせるようにって指令を出して、金曜に見たものは偽物って伝えておくようにと 名古屋脳神経外科と大角先生行ってくれてぼくは嬉しかったけど仕事が見つからないこととクラックが心配だったんだ」

「下末に行こうとしてまさかの頭痛で」

「就労継続のBに逃げる技もあるからね 移行ではお金が飛んでくからプログラミング専門も気を付けて それはそうと無料ツールをなるべく駆使して経費節減ですからね」

たしかにコンくんが言った通り就労継続のBは長久手にあった

「就労のBはハローワークでなくて春日井市役所で大丈夫だよ その前にふさぎ込んでいるなら家にいないで見学に行ってもいいよ」

「コンくん、GIMPもダウンロードできたしBのこと調べてみるね」

「クリエイティブクラウドも一旦外しておくよ しばらく無料のツール使ってね」

「コン様、それはそうと緊急に現れたのは」

「テルオくん、まりこさんが心配なので、市之久田のせいでお金がかかることにひっかかるのはよくないしクラックはいけないことだから トパーズ先生は何でも知ってる

予防する意味でね やせ我慢のけちけちが災いになってはいけない」

春日井市あまり活気がないですね」

「だから、長久手に来ないと運気がダダ下がりではこちらも困るのでね 今日はさっき見つけたはなみずきのそばの施設に見学の手続きとぼくのアイコンをココナラに張り付けるために指導するからね 春日井市ほんと悪いニュースしかない」

「それはそうと福岡で何があったの?」

「まりこさん、ブランクが長いのに就活はほんと大変でだからって経営をするにしろ春日井の人間がそっぽ向いているのが数日前から心配だったんだ 北川先生が就職をせっつかまされてもブランクと経験なしが引っかかるし そんなに春日井市で石を投げられてるなら今日からは危ないファイルやクラックをやめようよ 」

「コン様が就労継続のBを!!」

「神さんからの指令を持ってきたから今日からは危ないファイルをやめるよ」

「そうだよ、こういうことやると助けが届かないではいけないから ね、この前名古屋脳神経と大角先生ところへ行けれてよかったでしょう 甲状腺が悪くなっているのに判断が落ち気味だから水曜日も長久手行くときも霊力は注ぎ続けるよ」

「コン君、危ないファイルから身を守ってくれてありがとう」

「それと、まりこさんの場合裁判はともかく通院は隠しきれません 市之久田で怖い思いをしないために Aのクッションとして長久手に来てもらいます こんな重病人を春日井市は面白がって」

「もうちょいしたらなんとか見学の申し込みをするね」

「やってみてよ プログラミングやると甲状腺動脈瘤のことトパーズ先生は心配してましたし ぼくも必要ならばトパーズ先生の指令もって水曜日もそばにいますがやせ我慢してる分、就労B動いてください」

そして、その施設にメールを出した 思い起こせば先週は小牧の市街地の施設を印鑑証明のためにおじゃんにしてるのでわらをも掴む思いだった

「小牧の見学ね、印鑑証明でダメになってしまったなんて…」

「コン様、先週のまりこさんの苦労ぶりが…」

「だから、ぼくは長久手のBに来て貰いたい 市之久田こらークラックしてまで漫画の修行はやらせられない!! パソコンよりもちゃんと今までの延長なんだけどなぁ」

「安心安全のコン様!!」

「お金があんまりないのに、アドビを買わせようとかそういう商法にトパーズ先生は気がついてブログの横で心配してたんだよ だから、手術のこともあるし長久手に来て貰いたい」

「Σ( ̄□ ̄)!隠してたのに」

「まりこさんには隠し事するとすぐトパーズ先生に分かるからやめておいて メンテナンスのときにGPSつけておいたから未然に防げたんだよ」

「神さん」

「千手観音様がきっとアドビのクラックは悪いことと気がつけるようにと昨日念力してたから」

「ほんとに、畑だな…」

「まりこさん、心ボロボロだよね 毎日毎日ラストバトルのことばかりで 手術検討の人に向かってほんとに春日井市市民は心が愛がない 何やら偏見がスゴいとかね、ゲーマー多い時点で人間じゃないから」

「ほんとは、市之久田心配だったんだ 面接の日程遅れてるの」

「これではあっという間に北川先生の日を迎えるからお金の工面も心配でね ハローワークも失態は相変わらずだよ だから長久手のBに連れて行くようにとトパーズ先生がね、いったんだ」

「神さん…」

「なんとかなーる、なんとかなーる 今月、あの答弁書のせいでここに行くのがどんどん遅れたなんてほんとに春日井市市民の目は節穴だよね 挙げ句の果てにはトパーズ先生の偽物とかね、ぼくその偽物見かけたらトパーズ先生の名前をかたる奴に説教するから」

長久手市のその施設へいく日は裁判のあとの木曜日の昼からになった

「コンくん、大変だけど木曜日に見学決まったよ」

「まりこさん、ずーっと家しかいなくて、長久手市帰ってこれて安心したかな? 」

「テレビと演説だけで過ぎてくし、年金担保融資のために小牧のもう一個諦めて辛かった

ほんと今日はコンくんに助けられたよ」

「いいんだ、危ないファイルやサイトに近寄っちゃダメだから ヤドカリくん辛いかもしれないけど通院が多いこと市之久田で隠すのはちょっとお勧めできないからね」

「人の気配が限られるとほんとに精神的にヤバい パソコンどころじゃない」

「他もこういうのあるかもしれないけど、クラックはやめようね ぼくたちからのお願いだよ うーん返金効かないとは悪質だけど

またいつかお金が入ったら正式に手続きすればいいのでね」

「Bの方が早いということか」

「年金担保のために小牧もう一個諦めてからずしずし横やりが酷いからね 」

 

昼から、小牧税務署に運転そして業務スーパーに行って帰ってきた

「コン様のおかげでまりこさんがなんとエスティマで小牧税務署を攻略してるという」

「ししまる、トパーズ先生はいつだってまりこさんの側にいるよ ぼくのふわふわでまりこさんを安心させるんだ」

「しかし、駐車場争奪戦、スゴかったなぁ だからまりこさんおそがけに行ったわけか」

「帰りクランクだからね よく出来てる 昔の送迎の記憶が役に立ってるよ」

「金運厳しいときに自分で運転で小牧税務署行くとは思わなかった」

「明日も明後日もぼくはいるよ 楽をしたいときに車で挑んだ勇気は忘れない あのクラックファイルはまりこさんのパソコンをダメにしてしまうからトパーズ先生の言うとおりにああやって外すしかなかった フリーソフトも有名な奴を使ってね、あとはセキュリティをきちんとあげておくこと」

「コンくん、ありがとう」

「おきつねとの約束だ 名古屋市の地裁行くときもぼくがトパーズ先生のかわりだから

派遣だけでなく春日井市で杜撰な思いしてるかもしれないけどアドビをあのやり方で使うのはよくないのでね」

「わかったよ」

「今日からクラックはクランクね 今夜からぼくも泊まり込みでふわふわするから」

「そばにいるの?」

「そうだよ おきつねとその仲間がそばにいればトパーズ先生からの霊力はもっと届きやすくなるから」

とりあえず今夜からコンくんも合流して過ごすことになった

 

 

 

20190629200204